非正規店にiPhone修理を依頼するのは危険か?

iPhone修理は正規店と非正規店どちらに依頼すればいいの?非正規店でも信用できる? - 非正規店にPhone修理を依頼するのは危険か?

非正規店にPhone修理を依頼するのは危険か?

昨今ではiPhoneを安くて早く修理ができる非正規店。
予約が取りづらかったり、修理費用がかかるといった正規修理店への不満から、こうした非正規店へ利用者数も増加傾向にあります。
ただ、非正規店は認定された修理業者ではないため、部品の仕入れ先が安価で手に入る場所だったりします。そのために修理費用も抑えられますが、なかには粗悪なものが混じっていることもあるのです。
いざ修理が終わったらデータも消えて全く使えなくなった…という実例も見受けられます。
非正規店は必ず安心ではないので、多少のリスクを覚悟で警戒しながら依頼した方がいいかもしれません。

交換部品は純正品ではない

画面が割れたり、内部が破損しているときには、iPhoneの部品を交換して修理をするのが非正規店では通常です。
部分的な交換となるため、データをそのままに完了することができます。
しかし、業者が扱う部品というのは、Appleのではなく、別の生産国から仕入れています。そのため、修理が完了したiPhoneというのは「改造」された状態で戻ってくるのです。
スピードや値段を考慮した結果であることは間違いないですが、それで継続的に使えるのなら問題は発生しません。
実際に、それで面倒がおきた事例というのは、修理業者自体が悪質だった場合がほとんどです。仕入れる業者もクレームを極力回避したいものなので、純正品ではないとはいえしっかりした使える部品を用意しています。

やはりトラブルはつきもの?

qrytdy
先程ちゃんとした非正規店の修理業者に依頼すれば、トラブルは回避できるとお話ししましたが、不具合が起きる可能性は念頭に入れておかなくはなりません。
特に、大きい部品の場合や大部分の交換を依頼すると、自然的に純正品ではない部品が占めることになります。
考えるまでもありませんが、そうなると症状が悪化する可能性もあります。もちろん、純正品でもトラブルとは無縁というわけではないので、安心度で言えば非正規店が見劣りしてしまうのは仕方がないと言えますね。
念のため使えない場合に保証してくれる業者を選んでおけば、何かあった際にも対応できるので、修理のときには慎重に検討することです。

技術レベルの差が異なる

正規店なら修理代金は一律ですが、非正規店はマチマチです。
その理由は、部品が安く手に入るからというものがありますが、もう一つは業者の技術も別々なのです。
実績や信用もある業者ならほぼ正確に交換してくれますが、なかには交換が上手でなかったり、行き届いたサービスをしてれくれないということもあります。
昨今では、非正規店の修理業者は数えきれないほどいます。簡単にピックアップするのは難しいでしょう。
だからこそ適確に修理してくれるところに頼むのが大事となってきます。

業者選びを間違えなければ危険はない?

結論的には、修理を依頼することが危険ではなく、厳密には修理してくれる業者自体がちゃんとできるのかにかかってくるでしょう。
安くて早いから、多少のトラブルは仕方ないと感じても、やはり不必要な症状は避けたいもの。順調に使っていたのに、急にデータが消えたり、より悪くなったということになれば、料金だけでなく、大事なものも失くしてしまいます。
また、非正規店での修理を行うと、メーカー保証が外れてしまう可能性があります。
交換は改造扱いになるので、保証規程を違反してしまうわけです。
非正規店で完了して、「やっぱり正規店で修理しておけば…」と思っても、保証が適用しないから修理費用が数万円になったということも考えられるのです。
そのようなリスクを回避するためにも、非正規店を適切に選べるのかが重要となります。無店舗で修理を行う業者もあるため、本当に信頼できるかどうかを判断することも大切になってきます。
それと、もし不具合が起きても無料で保証してくれるところがあれば、より安心感を得ることができますよね。


おすすめiPhone修理サイト
iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

iPhone修理

最近の投稿

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

△PAGE TOP